嵩張る荷物への対応力とコストパフォーマンスを考えコンパクトハッチバックへ買い替えを

私は7年前まで小型の4ドアセダンに乗っていました。新車で購入した頃は大変リーズナブルでコストパフォーマンスも高く、帰省時やちょっとした観光を含め、あまり荷物が嵩張らないドライブレジャーや用事に大活躍してくれたのは事実です。
ですが私自身、次第に釣りやキャンプ等、本格的なアウトドアレジャーの趣味に嵌り毎週末の様に積極的にフィールドに出る様になってからは、4ドアセダン特有のラゲッジスペースの狭さに悩まされる様になったのです。
c7
しかも後部座席は倒せず、あくまで狭いトランクスペースしか正規に荷物を積めるスペースはありませんから大変。最悪トランクスペースを一杯にした上で後部座席のドアを開け、の横から大きな荷物を別途ねじ込まなければならない程になってしまったのです。
また食料品や生活雑貨の買い物でも時間のある週末に一気に購入するパターンが増え、それら大量の荷物を便利に積み下ろし出来る機能が欲しくなっていったのでした。

ただ大柄なワゴンやミニバン、クロカンといった車種はあまりにもランニングコストが高い上我が家の駐車場にとっても窮屈でしたから、コストと取り回しの良さを十分考慮した上で、リアシートを倒し自由にアレンジ出来る小型車を選ぶ事に決めたのです。

自宅近隣の中古車ショップを幾つか回って車種や在庫を確かめ、結局決めたのはとある現行一つ前に当たるモデルのコンパクトハッチバック。走行距離も1万キロちょっとと意外と少なくて全体的な程度も良く、これなら当分は私の目的を満足させてくれると即決し購入したのでした。
後部座席さえ全て倒せば、リアハッチを開けいくらでも大きな荷物を放り込めます。もちろん前述のワゴンやクロカンには敵いませんが、普段は街乗りメインで利用する私にとってはこれで十分。燃費もリッター平均で20キロ近くを確保出来ており、良い買い物が出来たと思っています。