ガソリン車からハイブリッド車に車を買い換えた理由について

8年近くトヨタのSUV車サーフに乗り続けていました。非常に走りも快適でしたし力強いエンジンなので山道や未舗装道路なども気にせずガンガン快適に飛ばせるので運転好きな夫も心からこのSUV車に愛着を持っていました。家族全員でのアウトドアライフも存分に楽しんできましたが、ここ数年は月極めの駐車場代も上昇したり、夫の勤め先のボーナスカット、子供の進学による教育費などの出費がかさみ経済的にもかなり苦しくなってきたところで、燃費が悪いSUV車にかかるガソリン代が相当負担に感じるようになりました。

ちょっと買い物したりするときに街中走行をするだけでも、結構ガソリンを食うわけですし、これに加えて週末の長距離のドライブや旅行などに行ったりするともうガソリン代は月額5万円を優に超えてしまうという状態に、とうとう夫が最終結論を出したのです。とにかく家計を見直して少しでも節約していかなければならないときに、ガソリン代の比重が大きいということは我が家にとっても死活問題に繋がってくるということで、泣く泣く愛車を手放すことに決めました。
c8
その際には、ガソリン車への買い替えということは選択肢からは完全にはずれていましたので、当然ハイブリッド車か電気自動車のどちらかの車選びということになりました。最終的にはハイブリッド車への買い替えを決定しましたが、プリウスを試乗してみたら、やはりトヨタのSUVの力強い馬力は全く無いので気分的には満たされない感じは非常にありました。しかし、プリウスに買い換えて1年たった現在は、ガソリン代がガソリン車時代の半分以下に収まっているので、家計を圧迫することはなくなり、買い替えのもっとも大きな理由である倹約という点では十分に目的を達成することができたと思っています。